受動喫煙対策について

 

メディア業界関係者様向け情報

 ダイナムは2020年4月1日に全面施行された改正健康増進法に伴う「原則屋内禁煙」について、ポジティブにとらえており、新たなパチンコ・スロットファンの獲得、業界のさらなる健全化に向けて積極的に取り組んでいきたいと考えております。ダイナムでは加熱式たばこエリアは設けず、喫煙室の設置による分煙環境を構築することで、喫煙者と非喫煙者のどちらもがストレスなく快適に楽しめる遊技環境を目指していきます。 ダイナムの完全分煙




完全分煙実施店舗での客数推移

客数推移表

・実際の15時、19時時点での実際のお客様の数及び前年差を表したものです。
※先行しての分煙化実験(他社は遊技中の喫煙が可能)の為、
 全ホールが原則禁煙となる2020年4月以降も同様の結果が出るものではありませんのでご注意ください。



喫煙室別利用者数

喫煙室利用者数

※店舗出入口の外に、喫煙スペースを設けているため、「店外」として集計しております。


設置喫煙室種別

 喫煙室の設置に関して、標準店舗では約7㎡(最大9名)の喫煙室1ヶ所を基準としております。また、喫煙室内には無水型自然消煙灰皿を設置しており、火を消し損ねたタバコからの煙を防ぐとともに水を使用しないことによって汚水の排出を抑えております。
 今後、2020年4月に向け展開していくうえで、増設の必要が出た際の実験として、滋賀高島店においては1名用の喫煙室を試験導入しております。

喫煙室仕様1

喫煙室仕様2


無水型自然消煙灰皿

 当社ではこれまで、たばこの吸い殻を廃棄する際に水分を含ませて処理をしていましたが、処理に関わる作業負担の軽減や店内の臭気対策のため、喫煙室内に無水型自然消煙灰皿を設置しております。吸い殻の投入部分が狭くなっており、火を消し損ねたたばこからの煙の流出を防ぐとともに、内部が酸欠状態になることで水を使用することなく自然に消火する事ができます。

無水型自然消煙灰皿


サービス・オペレーション面での取り組み

 ホールオペレーションにおいては、分煙化を機に来店される未経験者やリタイア層をいち早く察知し、遊技に関わる不明点や不安を取り除くためのアプローチを実施しております。完全分煙により、お客様は今まで以上に「煙」や「臭い」に敏感になるため、喫煙者と非喫煙者のそれぞれの視点に立って考え対応することが必要です。従業員が喫煙する場合には、ルールを設定し、喫煙後の口臭・体臭のケアを徹底しております。

(1)サービス
 ・初回客、パチンコ未経験者の受け入れ対応(パチンコの遊び方~商品知識~景品交換)
 ・初心者用「初めてブース」の設置(店内施設案内、遊び方説明等)
 ・店内喫煙ルールに関するご案内(対応マニュアル)
(2)従業員教育
 ・喫煙後の制服などの消臭および、口臭ケアの徹底
 ・体臭や口臭、香水などの臭気に関するケア
 ・2020年4月以降全事業所における紙巻きたばこの禁煙化
(3)社内喫煙率の低下に向けて
 ダイナムは社員の健康増進を主目的として、「禁煙推進企業コンソーシアム」ヘ加盟しています。加盟企業の共通目標である2022年度喫煙率12%の達成を目指して、様々なサポード制度を設けるなど会社全体で取り組んでいます。
禁煙コンソーシアム


参考資料

たばこの煙の流出を防止するための技術的基準
 喫煙室や加熱式たばこのエリアを設置する際には、たばこの煙の流出を防止するために以下3つの技術的基準を満たす必要があります。

(1)入口風速0.2m/秒以上 
    ※のれん、カーテン等による工夫も可
(2)壁・天井等による区画 
    ※床面から天井まで仕切られていること
(3)屋外又は外部の場所に排気

標識の掲示義務
(1)掲示場所
 喫煙室等を設置する場合、以下の場所に標識を掲示する義務があります。
  ①喫煙ができる場所の出入口
  ②施設の主な出入口
(2)掲示内容
 標識には「喫煙することができる場所である旨」「20歳未満の立入を禁止している旨」を記載しなければなりません。

喫煙室入り口 店舗入り口