災害支援

mainimage

災害対応と被災地の復興支援

 「物資支援」「ボランティア活動」「義援金活動」を主な柱とし、災害発生直後から迅速な支援を行い、地域に根差した活動を長期にわたり継続しています。

東日本台風における支援活動実績

 令和元年東日本台風及び令和元年房総半島台風により被災した地域の方々への支援として、2019年10月15日から2019年11月30日の期間に全国の店舗のお客様よりご協力いただいた玉 ・ メダル相当額の総額14,788,014円及び、お客様からお預かりした募金額509,872円とグループ従業員からの義援金509,302円、グループの特例子会社であるビジネスパートナーズが制作した「さをり織り」のチャリティー売上金64,670円に加え、当社から15,807,188円 を拠出した総額31,679,046円を義援金として、被害が大きかった宮城県、福島県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、長野県の計7県へ寄付を行いました。

>>ダイナム ニュースリリース「令和元年東日本台風の復興支援として7県に3,167万円余を寄付」

目録贈呈式  義援金内訳

 

西日本豪雨における支援活動実績

 平成30年度7月豪雨被害発生後の2018年7月23日には、被災された店舗周辺の方々の支援を目的とした、復興支援活動を行いました。また、被災した地域の方々への支援として、7月10日(火)から8月31日(金)の期間において、店舗に来店されたお客様からご協力いただいた18,963,900円と、お客様から受付した679,861円、グループ従業員から受付した873,049円、グループ会社のビジネスパートナーズが制作した「さをり織り」のチャリティー売上金64,450円、さらに当社から19,643,761円を拠出し、合計40,225,021円を義援金として日本赤十字社へ寄託しました。

>>ダイナム ニュースリリース「平成30年7月豪雨の復興支援として4022万円を日本赤十字社へ寄託」

>>ダイナム ニュースリリース「『平成30年7月豪雨』災害復興支援活動」

7gatugouu.jpg  7gatugouu2.jpg 

7gatugouu3.jpg

mabi1.jpg  mabi2.jpg 

 

九州北部豪雨における支援活動実績

 2017年7月5日に発生した「平成29年7月九州豪雨」により、被災された方々への支援として、九州全店舗(66店舗)へ来店されたお客様よりご協力をいただき、2017年7月11日から2017年8月15日の期間で集計した玉・メダルの相当額1,841,723円を福岡県、大分県に義援金としてお届けしました。

>>ダイナム ニュースリリース「「平成29年7月九州北部豪雨」への義援金を大分県ならびに福岡県に寄付」

kyusyugouu1.png  kyusyugouu2.png

kyusyugouu3.png

 

熊本地震における支援活動実績

 2016年4月14日の「平成28年熊本地震」発生後、2016年4月17日より現地において復興支援を行いました。また、被災した地域の方々への支援として、全国の店舗に来店されたお客様とグループ従業員の協力により、熊本県に義援金をお届けいたしました。また、熊本地震の復興支援として全国の店舗のお客様よりご協力いただいた玉・メダル相当額を熊本県へ寄付しています。

>>ダイナム ニュースリリース「平成28年熊本地震の復興支援として1,338万円を寄付(2019.10.25)」

【熊本県庁 2019年10月17日訪問】 kumamoto_kentyo.jpg
(右) 熊本県 蒲島 郁夫知事
(左) 弊社 常務取締役 水谷 義之

kumamoto_kentyo.jpg

熊本地震に関する義援金含む寄付実績

kumamoto3.JPG  kumamoto4.jpg

 

 

東日本大震災における支援活動実績

 2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の復興支援として全国の店舗のお客様よりご協力いただいた玉・メダル相当額を宮城県、岩手県、福島県へ寄付しています。

>>ダイナム ニュースリリース「東日本大震災の復興支援として宮城県、岩手県、福島県に4,264万円を寄付」

【宮城県庁 2019年11月12日訪問】
宮城県目録贈呈式
(左) 仙台ゾーンマネジャー 後藤 亘
(中) 宮城県        村井 嘉浩知事
(右) 常務取締役      坂本 誠

【岩手県庁 2019年10月9日訪問】
岩手県目録贈呈式
(左) 岩手県保健福祉部        野原 勝部長
(中) 法務・リスク管理部長      阿部 到
(右) 岩手大船渡店 ストアマネジャー 佐々木 大輔

東北寄付実績



■認定特定非営利活動法人「桜ライン311」への協力
 桜ライン311では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地である岩手県陸前高田市内の約170kmに渡る津波到達ラインに10mおきに桜を植樹し、ラインに沿った桜並木を作ることで、後世の人々に津波の恐れがあるときにはその並木より上に避難するよう伝承していく活動を行っています。
 当社グループでは、この活動の趣旨に共感し、毎年春と秋の年二回行われる植樹会にボランティアとして参加しています。地域の一員として、東日本大震災が風化することのないよう桜が育つのを今後も見守っていきます。

>>ダイナム ニュースリリース「桜ライン311主催「秋の植樹活動」に参加しました」

sakura1.JPG sakura2.JPG