ダイバーシティ&インクルージョン


ダイバーシティ&インクルージョン方針



 新卒・中途入社といった職歴やこれまでの経験・スキル、階層や異なる属性(年齢、性別、LGBT、障がいの有無など)を含めた多様な人材が活躍する環境を構築することで、従業員エンゲージメントが向上し、新たな価値観や思考が組織に加わります。これにより、逃していた顧客ニーズや価値感を拾い上げ、減少し続けるパチンコファンを増加させることで、パチンコを日常の娯楽に変革し、社会になくてはならない存在にしていきます。



  • キャリア ワークライフバランス
  • 女性活躍推進 LGBT
  • 障がい者活躍推進



  • キャリア

    ワーク・ライフ・スタイル

    女性活躍推進

    LGBTフレンドリー

    障がい者雇用

    取り組み・制度について

    新入社員を支える「メンター制」

     メンター制とは、所属する部署の上司やトレーナーとは別に、指導・相談役を担う先輩社員が新入社員をサポートする取組みのことです。社会人になったばかりの頃は、あらゆる壁にぶつかります。そんな時、業務にとどまらず、人間関係や私生活の悩みなど、個人的な問題まで広く相談に乗ってくれる存在が「メンター」です。

    「次世代育成支援対策推進法」行動計画

     当社では、次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行なうため、次のように行動計画を策定します。

    1、計画期間 2020年4月1日~2025年3月31日

    2、行動計画

    目標1:毎年、自社の両立支援制度の利用状況、両立支援のための取組の成果等を把握し、改善点がないか検討する。
    <対策>
    ①各年4月~ プラチナくるみん認定基準に沿って、制度の利用状況、取組の成果について現状を確認、把握する。
    ②各年5月~ 問題点や課題について、労使労働環境向上検討会で確認、改善に向けた取組みを検討する。経営協議会にて現状報告の上、取組みを決定し、実施する。
    目標2:年次有給休暇の取得率を、一人当たり平均年間60%以上とする。
    <対策>
    ①各年4月~ 前期の取得状況を取りまとめる。年次有給休暇取得予定表を掲示し計画的な取得を促す。
    ②社内通知文書などで、計画付与年休の仕組み周知等を含む有給休暇取得促進の取組みを行う




    「女性活躍推進法」行動計画

     2018年、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、「女性活躍推進法」)に基づき、新たな行動計画を策定し実施しております。

    1、計画期間 2018年4月1日~2022年3月31日

    2、行動計画

      (1)目標:正社員に占める女性労働者の割合を9.0%以上にする
      (2)目標:男女がともに働き方を選択しやすい環境を実現するため、
           従業員のやりがいや意識を把握する仕組みを整備する
      (3)目標:女性社員を対象として管理職育成を目的とした研修を実施する。




    男女共同参画推進事業者認定・受賞

     国内の各地方自治体では、教育体系、福利厚生制度、ワーク・ライフ・バランス、法令順守など、性別の違いを超えて女性も男性も活躍できる職場環境が整っている事業者を表彰する制度を設けており、これまでに5自治体から表彰を受け、13自治体から認定を受けました。その他の都道府県でも申請を行う予定であり、今後も性別にとらわれない能力活用や 職域拡大に積極的に取り組んでいきます。

    >>ダイナム ニュースリリース「男女共同参画推進事業者として表彰(2018.2.26)」

    様々な支援制度

     子育て中の社員には、勤務時間の短縮や時間外労働・深夜勤務の抑制などの制度が整備されています。育児休業は、男女問わず全従業員が取得可能で、法定(最大2年)以上の、子が3歳に達するまで(最大3年)となっています。勤務時間の短縮は、子育て中のみならず、家族の介護中、妊娠中、傷病時にも同様の勤務時間が適応されます。
     また、計画付与年休として、6連続休暇やメモリアル休暇をはじめ、健康サポート休暇を導入し、有給休暇の取得を推進しています。また、従業員の悩み相談を受け付けるEAP相談窓口や、看護師に心と体の健康を相談できるダイナムグループ相談室、コンプライアンス違反などを報告できるダイナムホットラインなど、従業員の心と体の健康をサポートする各種制度が整っています。

    >>ダイナム ニュースリリース「短時間勤務制度を拡大(2018.5.2)」

    >>ダイナム ニュースリリース「健康サポート休暇を導入(2018.6.21)」

    厚生労働省から子育てサポート企業として認定

     子育て支援に積極的に取り組む企業として、次世代育成支援対策推進法に基づく厚生労働省による認定を受け、2017年10月27日付で「くるみんマーク」を取得しました。次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画で掲げた目標の達成や、女性だけでなく男性の育児休業取得が進んでいることが評価されました。

    >>ダイナム ニュースリリース「厚生労働省よりくるみんマークを取得(2017.11.10)」


    労使間の対話に基づく健全な職場環境づくり

     「労働環境向上に向けた労使共同宣言」を掲げ、過度な長時間労働の防止に努めるとともに、1分単位の労働時間管理を行うなど、時間外労働の適正管理を行う上での様々な取り組みを重ねております。また、業界内外における長時間労働の慣行を是正し、時間外労働を削減する新たな動機づけになればと考え、2020年に予定されている従業員の残業時間公表義務化に先駆け、月平均残業時間を公表しております。2019年3月期の全従業員の残業時間は月平均3.7時間でした。

    >>ダイナム ニュースリリース「2018年度の残業時間は月平均3.7時間 (2019.6.5)」

    【労働時間の適正管理】
    ・1分単位の労働時間管理
    ・終業5分前から打刻が可能
    ・終業時刻とパソコン電源オフや退店時刻の差をチェック

    【長時間労働防止の取り組み】
    ・ノー残業デーの実施(週1)
    ・変形労働時間制の活用
    ・業務の組み換えによるシフトの見直し
    ・部門責任者への週次アラート配信
    ・事業所ヒアリングによる阻害要因の分析と改善策の実行